家族との時間を第一にしたいので毎日定時退社を目指してます。

定時で帰る田舎暮らしブログ

記事全般

【LINE】新サービスが続々発表されました。ポイントは「オフライン」「フィンテック」「AI」

投稿日:

スポンサーリンク

先日のLINEカンファレンスにて新サービスが続々と発表されました。

今回はその新サービスの内容についてお話ししていこうと思います。

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1906/28/news067.html

引用元:ITmedia Mbile

https://news.mynavi.jp/article/20190628-line_conference_2019/

引用元:マイナビニュース

それではさっそくお話ししていきます。

  1. LINE Score
  2. OpenChat
  3. クリエイタースタンプ使い放題
  4. LINEポケオ
  5. LINE Pay
  6. LINEカーナビ
  7. LINE Search
  8. LINE BRAIN
  9. LINE NEWSがテレビ番組と連携
  10. LINE MUSICのフリーミアムモデル
  11. AIアシスタント「Clova」

など他にもいろいろありますが、今回はこれらの中でも特に注目するものをお話ししていこうと思います。

1.LINE Score

LINE上のサービスやコンテンツの利用傾向データから点数が算出されるというもの。

この点数が高ければ高いほどいろんな面で優位にはたらきます。

たとえば金融分野での発表がされており、ローンを組んだりするときにこの点数を活用するようです。

点数が高いほうが利息が少なくて済むなどですね。

今回の発表では、金融分野以外でもさまざまな分野での活用を想定しているようなのでこの機能は今後も注目していきたいですね(^-^)

なおこの機能はユーザーが同意しないとスコアリングしないようになっているので、気になる人は同意してから自分の点数がどのくらいが出してみるといいですね。

2.OpenChat

この機能は友だちになってない人ともグループを作ることができるという機能。

今までのグループ機能は、グループに入るのにはグループの中の誰かと友だちになって、そこからグループに招待してもらわないとグループに入ることができない。

なので、グループに入るのがちょっとめんどくさいですね(^-^;

この機能が追加されることで、誰とでもすぐにチャチャっとグループメンバーになることができるのでかなり便利になりますね。

3. クリエイタースタンプ使い放題

クリエイターズスタンプ が月額240円(学生プランだと120円)で使い放題になります。

あくまでもクリエイターズスタンプなので、マリオやディズニーなどの公式スタンプは対象外なので注意。

とはいえ、クリエイターズスタンプにも魅力的なものがたくさんあるので使用者は多いと思われます。

僕もいくつかクリエイターズスタンプを使用しているので気になっています。

4.LINEポケオ

これは お店検索・注文・事前決済がLINEだけでできるというもの。

たとえば松屋で牛丼を買う場合、 LINEで近くにある松屋を検索、 牛丼を注文、さらにこのタイミングで決済ができます。

ということは、あとはそのお店に行くとすでに牛丼が出来上がっており支払いも済んでいるので「予約した〇〇です」と証明できればすぐに持ち帰ることができる、という感じですね。

これまでのテイクアウトよりも数段スピーディーかつ便利になります。

今まではガスト、バーミヤン、ジョナサン、松屋、松のや・松乃家・チキン亭といったお店で使用することができましたが、今後さらにお店を追加していく予定とのことです。

5.LINE Pay

LINE Payが VISA・オリコと提携します。

これにより高還元のVisaクレジットカード「LINE Pay Visaクレジットカード」が発行可能になりました。

またLINE Pay 、メルペイ、NTTドコモの連携も発表されました。

以上のことにより、支払い系・金融系の分野において強化されたといえます。

キャッシュレスの普及・促進を目指していくようです。

6. LINEカーナビ

高性能なカーナビ機能に加えて、目的地の天気を調べる、音楽の再生、LINEメッセージの送受信ができます。

さらにはこれらが音声で利用できるので、運転中でも問題なく利用することができます。

運転中にちょっと近くのガソリンスタンドやコンビニに寄りたくなったときに声で操作できるので運転を中断することなく使えて便利ですね。

車で遠出することが多い人に特にオススメですね。

7. LINE Search

ついにLINEが検索サービスにも本腰を入れて取り組んできました。

NEWS、マンガ、MUSICなどの各サービスの統合検索が可能になります。

さらに個人的に注目したいのが、 各カテゴリで人気のインフルエンサーの検索に対応するという点ですね。

今の検索エンジンはGoogleが一強という感じがしますけど、LINE Searchがどのような感じで使われていくようになるか気になりますね。

8. LINE BRAIN

これはあまり僕たち個人の利用には関係がないことかもしれませんが、AIとの複雑な会話が可能になります。

どのように複雑かっていうと、たとえばお店の予約をするとして、「〇〇日の〇〇時に〇〇人で」と言ったあとに「やっぱさっきの止めて、こっちにしてください」というようは会話もスムーズにできます。

今では電話対応は基本的には人間がしていますが、将来的にAIが担当するようになるサービスを販売していく予定とのことでした。

個人の利用にはあまり関係ないでしょうが「こういう複雑な電話対応もやっぱりAIに変わっていくのかぁ」とちょっと複雑な気持ちになりました|д゚)

11.AIアシスタント「Clova」

ホテルの客室でフロントに電話することもなく、近くにあるお店を教えてもらったり、音声で家電の操作ができるようになります。

これまでだったらフロントに電話したり出向いたりしてホテルのスタッフにいろいろ聞いていくのが一般的だったのが、客室内でこれができるようになるのでホテルの利用がさらに便利になります。

まとめ

今回のLINEカンファレンスでは、これまでのLINEから大幅に変更する点がたくさんありましたね。

魅力的な発表が多かったですが、個人的にはLINE Score、OpenChat、クリエイタースタンプ使い放題、LINEポケオ、 LINE Searchが特に気になっています。

みなさんは気になるサービスがありましたか?

これまではLINEってトークや電話といったコミュニケーションツールっていうイメージが強かったですが、この他にも金融・支払い・AIといったいろんなサービスが強化されていったので、これらの動向を要チェックしていきたいですね(^-^)

スポンサーリンク

-記事全般

Copyright© 定時で帰る田舎暮らしブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.