育児 記事全般

【育児】オムツの種類、グーンの特徴。吸水性や肌への影響は?

投稿日:

子どものオムツっていろんな種類があって「どれを選んだらいいの?」と思ってる人は多いと思います。

こちらではそれぞれのオムツの特徴を軽く紹介しているのでよかったら見ていってください(^-^)

オムツはどれを選ぶべき?子どもに合ったオムツを選ぶポイント

それでは今回は、グーンの紹介をしていこうと思います。

グーンの特徴としては

  1. 肌へのやさしさはメリーズやパンパースより低め
  2. 吸水性は高い
  3. 価格が割と安め

が挙げられます。

順に解説していきます。

1.肌へのやさしさはメリーズやパンパースより低め

オムツを実際に使ってみた感想としては、肌へのやさしさはメリーズやパンパースよりも低めだと感じました。

というのは、オムツを脱がせたあとのお尻がメリーズやパンパースに比べて少し湿っているからです。

湿っているということはパンパースやメリーズに比べ通気性があまり高くないため、そのぶん肌がかぶれやすくなってしまうと感じました。

ただ、ウチの子どもに使ったのは1歳を過ぎてからで、赤ちゃんの頃に比べると肌も少し強くなってきてからだったので、実際にかぶれたことはありません。

あくまでも「メリーズやパンパースに比べると」ということですね。

2.吸水性は高い

吸水性は高く、その給水量はオムツでトップクラスの価格であるメリーズに匹敵するほど。

夜、寝る前や車で遠出するときなど、長時間オムツを変えることができない環境にあったとしても漏れる心配は低いです。

この価格でこの吸水量はすごいと思います。

3.価格が割と安め

グーンのオムツはオムツの中でも割と安めに設定してあります。

そのため毎日使い続けても細めにオムツを変えても経済的にやさしいですね(^-^)


まとめ

グーンのオムツは、吸収性は高い反面、肌へのやさしさはメリーズやパンパースよりも低めであり、価格も割と低価格ですね。

肌へのやさしさはメリーズやパンパースのほうが優れているため、パンパースを使ってみてオムツかぶれが起きなかったらグーンを使ってみるのがいいですね。

ウチの子どもは1歳からグーンを使っており今までオムツかぶれは起こったことはありません。

高い吸水性と安めな価格のため、オムツの中では一番長く使っています。

-育児, 記事全般

Copyright© 定時で帰る田舎暮らしブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.