記事全般

【体験談】3週間で看護師国家試験を合格した勉強法(正答率約50%→約80%まで上がりました)

投稿日:

スポンサーリンク

こんにちは僕は看護師として働いてます。

看護師国家試験に1発で合格してそのまま看護師として働いています。

さて、多くの看護学生さんは国家試験という大きな一大イベントのために日々勉強に励んでいることでしょう。

僕は正直、ほとんど勉強してなくて学生最後の年の2月初めの模擬試験でなんと正答率が約50%しかなかったのです。

(国家試験は2月末)

50%ってホントにヤバい数値で、このままだとまず受からないという数値。

そんな僕が2月の模擬試験以降、取り組んで見事合格した勉強法があるので紹介します。

勉強法といっても基本的には、国家試験過去問題集をとにかく解きまくることです。

国家試験過去問題集って辞書みたいに分厚いやつですね。

僕は当時、1日12時間くらいファミレスにこもってずっと問題を解きまくってました。

これ聞いて「結局精神論かよ!?」って思うかもしれないけど、いくつかポイントがあります。

それは

①国家試験の過去問題集を解く

②間違えた問題は解説をよく読んで理解する

③それでも理解できない、または自信がないところはセミナーとかでもらったテキストを読み込んで理解する。

順番に解説していきます。

①国家試験の過去問題集を解く

これは説明不要ですね。間違えたところはよくチェックしておきましょう。

② 間違えた問題は解説をよく読んで理解する

ここでポイントがあって解説をよく読んでも理解ができなかった場合は、この問題い固執せずにすぐ次の問題へ行きましょう。

今ここで貴重な時間を費やしても分からないものは分からないので。

むしろ、次々問題解いて解説を読んでるうちに「あっ、さっきの分からなかった問題はこういうことだったのか」と理解できるようになってきます。

だから、1つの問題に無駄に時間を費やし続けるのはやめたほうがいいです。

③ それでも理解できない、または自信がないところはセミナーとかでもらったテキストを読み込んで理解する。

僕は冬休みに東京アカデミーというセミナーに参加していました。

最初のほうで「ほとんど勉強してなかった」というのは、この東京アカデミーのセミナーに参加していたから、「全く」ではなく「ほとんど」勉強していなかったということです。

このセミナーで貰うテキストっていうのは、かなり要点がまとめられています。

学校で貰うテキストって膨大な数があってこれを全て読み込んで理解するなんて普通の人はできないと思います(少なくとも僕にはムリです)。

なので、もし僕のようにファミレスや図書館で勉強しようって思ったら過去問題集とセミナーでもらったテキストを持って行けばOKです(^-^)

セミナーでもらうテキストって数冊ですしね。

なので最低1つは何かのセミナーに参加することをオススメします。

それで間違えた問題は過去問題集の解説を読むだけじゃなくて、このセミナーでもらったテキストも読み込みます。

もちろん後からすぐに分かるようにセミナーのテキストにもチェックを入れておきます。

そして、①に戻ってさらに問題を解きます。

すると、間違ったところや、似たような問題が出てきたときに次第に解けるようになっていって、分からなかったところも分かるようになってきます。

ちなみに勉強期間は3週間でしたが、最も苦しかったのは最初の1週間でした。

勉強していった3週間の経緯としては

  • 1週間目:とにかく分からなくて苦痛。
  • 2週間目:だんだん分かる&解けるようになってくる。さらに問題を解きまくっていくうちに「あれ?ひょっとしたら受かるんじゃね?」と思うようになってくる。
  • 3週間目:「受かるんじゃね?」っていう状態からだんだん「これは受かるだろう」と自信がついてくる
  • 国家試験2~3日前:自信から確信に変わってくる。

だから最初の1週間を何とかがんばってください。

分からない問題も多くて解説読んでもよくわからなくて続けていくのがかなりしんどい時期ですが、ここをがんばって僕のように勉強しまくってたら2週間目以降は何とか続けることができてきます。

ちなみに3週間という期間である以上、1日10~12時間は勉強する覚悟が必要です。

最後に

何で今回この記事を書いたかっていうと、あきらめてほしくなかったからです。

国家試験って学校によっては学校の評価を下げないために、受かる見込みのない学生は試験を受けさせないっていう学校もあります。

(僕がいた学校はみんな受けてOKでした)

たとえば、国家試験合格率100%っていう宣伝をしている学校があったとして、誰かが落ちてしまったら100%って宣伝できなくなってしまうわけですね。

だから受かる見込みのない学生は試験をさせないわけです。

なので早めに結果を出しておかないと試験そのものができない。

つまりは看護師になれない。

ということになります。

だから、早めに結果を出したいと思っている人がいるとしたらこれから来る夏休みを利用してほしいと思ってこの記事を書いてみました(^-^)

今回の記事の内容はあくまでも「僕は」これで合格できたっていうものであって、これをしたら合格できると確証できるものではありません。

「これで3週間勉強したら受かるんだ~」なんて思わないように(笑)

それではみなさん勉強がんばってください(^-^)

おわり(^-^)

スポンサーリンク

-記事全般

Copyright© 裁縫経験ゼロの父親が子どもの服を作るブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.